OLYMPUS DIGITAL CAMERA

九州を代表する温泉観光地、長崎県雲仙市にある雲仙観光ホテルに宿泊しました。クラシックホテルに泊まるのは初めてでとても楽しみだったんです。

雲仙観光ホテル
1935年創業。 近代日本の名建築に選出、国の登録有形文化財にも登録されております。(画像は近畿日本にリンク)
施設情報と各予約サイト
近畿日本 JTB るるぶ 一休 ヤフー じゃらん  楽天
住所:長崎県雲仙市小浜町雲仙320 地図 周辺:近くの飲食店
アクセス:JR諫早駅よりバスで80分/諫早ICより車で60分/島原外港より車・バスで40分 駐車場:ございます。 約20台・ ヴァレーパーキング:無料・ 屋外駐車場のみ となります。
最安料金:¥30000円から
チェックイン:14:00  チェックアウト:11:00 
最新口コミ: →楽天トラベル口コミ 

この記事のエリアを含むホテル検索ページ

雲仙温泉のど真ん中、雪の降る日に宿泊しました

雲仙観光ホテルの下部地図にもありますが、雲仙温泉のど真ん中にあります。

雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル

ちょうど、行った日が大寒波に見舞われた日で雪がいっぱい。冬行かれる方はチェーンか冬用タイヤが必携だと思います。

雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル

ロビーからフロントは、まさにクラシックホテルにふさわしい重厚感と温かみがあります。車を付けたら、キーを預けて荷物を運んでもらいます。

雲仙観光ホテル

ウェルカムティーなんかもいただいちゃったりして。手続きとか館内や、大浴場、食事などの説明を受けます。

部屋の様子

雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル

キーは、こんなクラシカルなタイプ。普通に差し込んで開けます。オートロックには全く対応してないので注意。部屋に入った時、部屋から出る時、必ずカギをかける必要があります。

雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル

ドア入ったところに姿見とトイレがあります。バストイレは完全に別ですね。これはうれしいところ。

雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル

トイレはこんな感じ。洗面器が洋風クラシックでちょっとテンションが上がります。モントレを思い出します。

雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル

ベッドはこんな感じ。今回は家族で行ったのでトリプルタイプ。ベッド元にはランプのスイッチ。コンセントが2つあります。

雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル

デスクはこんな感じです。鏡下にコンセントが2つありますが足りないので延長コードを持ってきてもらいました。あと空気清浄器加湿器付も持ってきてもらいました。

雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル

冷蔵庫はこんな感じ。中のものは有料です。

雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル

テレビ、ダイニング?テーブルはこんな感じ。茶菓子はチョコクッキーとマカロンでした。美味しい。地元のお水とエビアンの2種類が用意されています。雲仙地元の水は無くなれば補充してくれるそうです。ほうじ茶や紅茶などがあります。できたらコーヒーが欲しかったところです。

雲仙観光ホテル

テレビの上のほうのツマミはヒーターのつまみ。ベッド横にもありますが結構強力です。エアコンはほかにもう一つあります。ただし、暖房冷房の切り替えはできないみたい。

雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル

左の棚には、バスローブとパジャマ、ガウンなんかがあります。右はクローゼットです。

雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル

使いませんでしたが部屋つきのお風呂もあります。アメニティはロクシタンでテンションが上がります。ポーチの中身はこんな感じ。シェービングムースなんてのもあります。

館内探検

雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル

一階の奥に、映写室とビリヤードルームがあります。フロントに言えば時間制の貸切で楽しめるそうです。ゆったりとした時間が流れます。

雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル

図書室なんかもあります。ちょっと雰囲気がありますね。

雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル

大浴場までの入口はこんな感じ。ソファの待合室からは雪が見えました。

雲仙観光ホテル

浴場の中はさすがに撮影できませんでしたが、こんな感じです。宿のパンフレットにありました。作りは洋風レトロモダンという感じ。お湯はさすがに雲仙のお湯でぽかぽか温まります。

プリンをいただく

雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル

アニバーサリープランということで自家製プリンをいただきました。美味しい。しっかり美味しいプリンという感じです。

雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル

あと、雲仙観光ホテルと言えば通販でめちゃくちゃ人気のゴルゴンゾーラチーズケーキです。これも美味い!これは別注文しました。1ピース別注文しました。管理人が宿泊した時で550円。

ダイニングレストランでいただく夕食

雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル

夕食は1階のダイニングと書かれたレストランで頂きます。

雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル

ナプキンでいいんでしょうか?高級感と重厚感があります。

雲仙観光ホテル

今回はアニバーサリー記念と言うことで、創業当時提供されていたメニューを元にとの食事メニューで本当に楽しみでした。

雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル

前菜はトマトの下の方がジャガイモのペーストのような感じ。見た目にも美しいし、美味しい一品です。

雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル

パンは温かいのを持ってきてくれます。

雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル

これはすっぽんと太陽玉子のロワイヤルというメニュー。茶わん蒸しみたいな感じ。美味しいです。

雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル

オマールエビのテルミドール風という料理。オマールエビとペースト状のジャガイモの。。。だったと思いますが、もちろん美味しかったです。

雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル

お口直しのシャーベット

雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル

鴨肉のローストのメインディッシュ。

雲仙観光ホテル

圧巻はデザートでした。好きなものを好きなだけどうぞと言われて、やっぱりテンションが上がります。

雲仙観光ホテル

管理人がとったのはこんな感じ。

雲仙観光ホテル

最後にコーヒーを頂いて終了。満足です。

朝食の様子

雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル

朝食はサラダのバイキング、スープ、玉子料理、パン、コーヒーと言う感じです。エッグベネディクトは+500円で楽しめます。最後はフルーツのデザート。美味しかったです。

クリスマスイルミネーション

雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル
雲仙観光ホテル

最後に夜景のイルミネーションの様子を。年末は人気のホテルとなるようです。家族にも好評だったホテル。あなたもぜひどうぞ。

雲仙温泉のホテル

長崎を代表する温泉地、雲仙温泉のホテルです。昔から外国人の保養地としても人気の高い場所とあってか、ホテルも整備され観光客にも人気の地域です。管理人も実際に行って宿泊してみました。後日、感想情報を掲載しますのでお楽しみに

この記事のエリアを含むホテル検索ページ

島原・雲仙・小浜(大エリア)雲仙温泉小浜温泉島原駅島原温泉