空室状況および影響しそうな情報

  • なし

注目ホテル情報(テレビ他メディアで紹介された)

  • リバーリトリート雅樂倶美しい日本に出会う旅(2019/11/06放送分)井上芳雄さん語りで紹介。神通川のほとりに佇むモダン建築。新館のメインロビーは落ち着いてモダンできれい。ホテルには現代作家を中心に300点ほどのアート作品がある。301号室のラグジュアリールームが紹介。145平米の贅沢な空間。ツインベッドルームには組子が。天然温泉露天風呂は川の眺めを見ながら。フレンチレストラン レヴォは人気の一つ。前衛的地方料理がコンセプトでミシュラン一つ星。鱧のコンソメ、マコモダケに貝のソースとアオリイカ。イチジクのタルトはきれいで美味しそう。
    タビフク 死ぬまでに一度は泊まってみたい極上の宿スペシャル(2019/12/25放送分) 大友花恋 さん、 横田真悠 さんの旅で紹介された。隠れ家のスモールラグジュアリーホテル。広い別荘のようで、川のゆったりした流れを楽しむ。富山の恵み、ズワイガニの蒸し鍋はシメまで絶品。
  • ホテル立山:お風呂も部屋も立派で、山の上であることを忘れそう。王様のブランチ(2019/6/15放送分)鈴元まい さん、小林麗奈 さんの立山黒部の旅で紹介された。番組では、宿泊者サービスの雷鳥(特別天然記念物)ウォッチングツアーを体験。夏前のこの時期は見ることができるかもとのこと。 
  • ホテルアクア黒部:2019年8月1日(木)リニューアルオープン。客室の快適性を高めながら地元の名産品をより楽しめるようにしたとのこと。レストラン、カフェ、土産物店が1階にオープン、客室はYKKAPの客室と廊下の間の音漏れ対策を施したドアや、断熱性を高めた樹脂窓を導入した。(日経新聞 2019/7/29)
  • 小川温泉元湯ホテルおがわクチコミ新発見!旅ぷら(2019年6月4日放送分 原田伸郎 さん、清水国明 さんの富山・呉東エリアの旅で紹介) 天然記念物の露天風呂がある。 本館から750m上流に歩くと「天然洞窟風呂」がある。湯の花が洞窟全体にある珍しいもの。
  • 宮島温泉滝乃荘わがまま!気まま!旅気分! - BSフジ(2018/11/24放送分 まるっとおやべ旅~メルヘンと歴史の街・富山県小矢部市~ もえのあずきさん、林藍菜(富山テレビリポーター)さん)の旅で紹介されました。
    自然に囲まれたロケーション。湯量は豊富。半露天風呂から見える景色がいい。 夕食も自慢。富山湾で獲れたお造りから、小鉢の山の幸、餡のかかった栗饅頭(名物)、メインは稲葉メルヘン牛のステーキ。
  • 五箇山温泉五箇山荘新 鉄道・絶景の旅 (2019/12/19放送分)林家たい平さん語り。「越前から越後へ 北陸横断!日本海のごちそう三昧」で紹介された。301号室が紹介。広々としたツインの部屋でゆっくり。窓からは里の景色が広がる。合掌造りの家屋などもみられる。温泉は野趣あふれる露天風呂。アルカリ性単純温泉。 夕食、イワナの塩焼き、富山県産ポークと朴葉みそ。夕食後、麦屋節を楽しむこともできる。
  • ホテルニューオータニ高岡わがまま!気まま!旅気分!(2017/11/18 香坂みゆきさんの富山旅)で、3階の日本料理店「都万麻(つまま)」が紹介された。フランスのレストランガイドにも掲載される名店。 カニ会席のコースが紹介。 高志の紅蟹や黄金蟹を使って調理。
  • 松風樓(しょうふうろう)わがまま!気まま!旅気分!(2017/11/18 香坂みゆきさんの富山旅)で紹介された。明治創業の老舗の料亭旅館。 和風庭園は見事。 客室「さくら」は遊び心のある造り。 廓だったころの人に合わないようにという造りにもなっている。 川面の景色も楽しめる。 夕食は地元の名物がいただける。土壌のかば焼き、温かいお鍋料理も美味しそう。
  • 庄川温泉風流味道座敷ゆめつづり一休コンシェルジュにて、いま行きたい絶品の“カニ料理”を満喫できる宿6選 カニ漁師お墨付き!富山のブランドガニを1人2杯 として紹介。
  • 氷見温泉郷くつろぎの宿うみあかり<BSフジサンデースペシャル>『全国百線鉄道の旅2時間スペシャル 妙高から北陸へぶらり旅 えちごトキめき鉄道 あいの風とやま鉄道 IRいしかわ鉄道』|BSフジ(2017年10月22日(日)放送分)で紹介された。 ロビーの証明は漁火用の明かりで旅情を感じる。 琉球畳がしきつめられた和室はベッドが広々。 展望露天風呂は源泉かけ流し。 料理は氷見漁港水揚げの料理楽しめる。 刺身は最高に美味しそう、海鮮鍋、富山牛の朴葉焼き、酢の物にもカニが、氷見うどんも美味しそう。
    わがまま!気まま!旅気分!(2019/11/23放送分)永井大さんの富山旅で紹介。富山湾を一望する眺めとお風呂、料理を楽しめる。落ち着いた和の雰囲気もある宿という印象。ブリがやはり美味しい!刺身、お寿司、さらに鰤しゃぶを楽しむ。
    ローカル単線でめぐる旬旅 冬の越中 富山・氷見から世界遺産五箇山へ(2020/2/9放送分)根本りつ子さんの旅 ロビーの明りはホテル名通り、船のイカ釣りの漁火ランプで風情あり。「渦」635号室が紹介。特別和洋室で広い。ツインベッドもソファもあってゆったり。窓からは海を一望でき、朝の日の出が楽しめる。露天風呂は源泉かけ流し、海の波の音を聞きながらゆっくり楽しむ。 夕食の主役は氷見寒ブリ。お造りは富山湾の玉手箱、おろし醤油でいただく。岩塩でいただくのもいい。氷見牛のローストビーフ、ぶりしゃぶなどコースはどれも美味しそう。

エリアのホテル検索ページ

●富山県(県大エリア)富山駅●富山(大エリア)グランドプラザ前駅(富山市電)速星駅笹津駅立山山麓温泉●立山・黒部・宇奈月(大エリア)滑川駅魚津駅黒部駅入善駅泊駅越中宮崎駅宇奈月温泉宇奈月温泉駅高岡駅●高岡・氷見・砺波(大エリア)砺波駅氷見駅氷見温泉