鹿児島市の繁華街の中心地、天文館まで歩いて行ける便利な立地条件のホテル
レム鹿児島に宿泊しました。
今日は、その体験感想口コミ情報。

レム鹿児島予約サイト比較はこちら、鹿児島中央駅天文館周辺ホテル検索はこちら

レム鹿児島
阪急阪神第一グループ新ブランドホテルの眠りをデザインするホテル「レム鹿児島」。繁華街へ徒歩1分。
施設情報と各予約サイト
一休 ヤフー じゃらん  楽天
住所:鹿児島県鹿児島市東千石町1-32 地図 周辺:近くの飲食店
アクセス:市電「天文館通」電停・空港バス「天文館」バス停より徒歩1分。駐車場はホテル裏手にございます。詳細は地図をご確認ください。 駐車場:有。1泊¥1,200
最安料金:¥3000円から
チェックイン:14:00  チェックアウト:12:00 
最新口コミ:今回は隣の部屋の物音で睡眠不足になりました。他の近隣のホテルに比べ壁が薄いのかもしれませんね。 2019-09-01 03:44:01投稿 →楽天トラベル口コミ 

レム鹿児島

レムホテル、一度宿泊してみたかったんです。
最初にオープンしたのは、東京日比谷ではなかったでしょうか?
眠りにこだわった休めるホテルとしてすごく注目されましたよね。

レム鹿児島

場所は天文館の中心地、結構ど真ん中に近い立地条件です。
鹿児島の飲食店でお酒を飲んで、帰ってくるにはすごく便利です。

駐車場は、ホテルの裏にあって「レム鹿児島用」と
書いていますので分かります。
一方通行の区間なので入る方向に注意が必要です。

レム鹿児島

レム鹿児島

レム鹿児島

レム鹿児島

レム鹿児島

レム鹿児島

 

1階のエントランスはおしゃれです。
ロビー受付は3階にあります。

レム鹿児島

 

受付を済ませると、カードキーをもらいます。
このホテル、このカードキーがないとエレベーターで上にいけない仕組みになっています。

レム鹿児島

レム鹿児島

レム鹿児島

エレベーターの階数ボタン右横にタッチボックスがあって、
ここにカードをタッチするとはじめて宿泊階のボタンを押すことができます。
ちなみにロビーまでの3階はキーがなくても大丈夫です。
部屋に入る時も同じようにボックスにタッチして鍵を開ける仕組みです。

 

レム鹿児島

 

入ったらすぐ、差込口がありますので入れて電源を取りましょう。

レム鹿児島

レム鹿児島

今回は3人で宿泊しましたので、ベッドが3つあるトリプルタイプの部屋。
というか、写真下のベッドは通常のツインタイプの部屋に
移動式のベッドを入れている感じです。

最近のシティホテルは3人にあまり対応してくれないので、
これは嬉しいサービスでした。

レム鹿児島

 

テレビは、部屋のサイズにしては大きめ。
ちょっと迫力あるかも。

レム鹿児島
椅子は、マッサージ機能がついています。

 

レム鹿児島
また、テレビの裏にはインターネットのコネクタジャックがあります。
ケーブルもベッドのところにあります。

 

レム鹿児島

レム鹿児島

レム鹿児島

レム鹿児島

 

冷蔵庫は引き出すタイプ。ミネラルウォーターはサービスです。
部屋に着いたら、冷蔵庫に入れておきましょう。

レム鹿児島

部屋着は浴衣ですが、帯ではなくてボタンで留めるタイプ。

レム鹿児島

 

レム鹿児島

 

レム鹿児島

レム鹿児島

レム鹿児島

レム鹿児島

レム鹿児島

 

部屋の設備の数々。

レム鹿児島

 

ベッド横の照明はボタンが縦に並んでいます。
暗くなると青く光ります。

レム鹿児島
上のライトはピンポイントにあたるタイプでダイヤルで灯りを調整します。
四角い黒い箱は金庫。貴重品入れです。

レム鹿児島

レム鹿児島

レム鹿児島

レム鹿児島

レム鹿児島

レム鹿児島

レム鹿児島

レム鹿児島

 

 

おしゃれなデザイナーズホテルは洗面台からお風呂がおしゃれ。
写真にある脱衣かごは折りたたみできるタイプ。

レム鹿児島

レム鹿児島

レム鹿児島

レム鹿児島

トイレも普通にきれいです。便座はあったかいし、ウォシュレットはもちろんついています。
ドアは引き戸タイプ

レム鹿児島

レム鹿児島

レム鹿児島

部屋から風呂場が見えますので、ブラインドを下げる仕組み。
お風呂場はちょっと凝ったつくりになっています。
体を洗うタオル?も椅子の上においてあります。

レム鹿児島

これはシャワーの蛇口。下のダイヤルは温度調整です。
上のダイヤルを左に回すと。。。

レム鹿児島

こちらのシャワーヘッドから普通にお湯がでてきます。
反対に右に回すと。。。

レム鹿児島

こちらの天井に設置してあるシャワーヘッドからお湯がでてきます。

レム鹿児島

レム鹿児島

レム鹿児島

結構いい匂いがする製品。気に入る人が多いんでしょうね。
3階ロビーの奥の自販機で購入することができます。
1本1050円です。

レム鹿児島

レム鹿児島

朝は朝刊がドアノブにかかっています。
鹿児島の地元情報満載の「南日本新聞」

レム鹿児島

レム鹿児島

レム鹿児島

朝食は2階の会場「sakurabi」でいただきます。

レム鹿児島

びっくりしたのは、朝のバイキング会場に焼酎が置いてあったこと。
大胆です。もちろん味見程度の試飲でしょうが。
管理人は運転するので、もちろん飲んでいませんが。

レム鹿児島

レム鹿児島

レム鹿児島

レム鹿児島

レム鹿児島

レム鹿児島

レム鹿児島

レム鹿児島

レム鹿児島

レム鹿児島

レム鹿児島

 

バイキングの料理や雰囲気はこんな感じ。
ちなみに、管理人が食べたのは

レム鹿児島

レム鹿児島

 

地元でいう「つけあげ」。さつま揚げです。
鹿児島ってちょっと濃いめで、甘めの味付けが好まれますよね。

実際に宿泊してみた感想は、眠り。。。というのは、
ちょっと分かりませんでしたが、デザインに
すごくこだわった落ち着いたホテルというイメージでした。

どちらかというと、若い人向けのホテルかもしれません。