富山市郊外、神通川(じんずうがわ)ほとりの春日温泉エリアにある、高級リゾートホテル リバーリトリート雅楽さんが日経新聞別冊のプラスワンで紹介されました。

リバーリトリート雅樂倶
雄大な神通峡のほとりに佇むスモールラグジュアリーホテル
施設情報と各予約サイト
JTB るるぶ 一休 ヤフー じゃらん  楽天
住所:富山県富山市春日56-2 地図 周辺:近くの飲食店
アクセス:JR富山駅よりお車で40分/北陸自動車道・富山ICよりお車で20分/金沢市内より車で60分 駐車場:有 70台 無料
最安料金:¥17000円から
チェックイン:14:00  チェックアウト:11:00 
最新口コミ: →楽天トラベル口コミ 

おしゃれなデザインでリラックスできるリゾートホテル

富山市郊外、リバーリトリート雅楽 雑誌で紹介

NIKKEI プラス1|日本経済新聞ガイド版Web(2016年11月05日・土)

校倉造を思わせる壁面と(高くて)大きな天井が作る空間はまるで美術館にいる気にさせる。天井までいっぱいに広がったガラス窓の向こうには、神通川の水面と木々の緑が見え、対岸の道を時折、車がまるでおもちゃのように通り過ぎていく。

「わあ、おしゃれ!」女性客がロビーに入ってくるなり声をあげた。館内にはピアノトリオのジャズが流れ、ほぼ満室だという割には人の声も聞こえない。「アートな雰囲気を楽しんでほしい」という支配人のコメント通り、草間彌生さんの作品他、現代作家の絵やオブジェなどが自然な形で配置されている。

和食とフレンチのレストランでは、富山北陸の素材をメインにしたメニュー。地酒を中心に、日本酒の種類は50種類にものぼる。料理を引き立たせるための様々な作家の食器類が使われており、料理にもアートのコンセプトが及んでいることがうかがえる。

温泉はさらりとした肌触り、神通川が見られる露天の大浴場と、ジャグジー、炭酸泉のあるクアハウス風施設を楽しめる。古くから、春日温泉館としてこの地にあった温泉施設を改装。2000年に美術と食事と温泉を融合した隠れ家的な施設としてオープンした。

川に面した客室は、すべて異なるデザインとインテリアが特色。どれも都会的で端正。ゆったりとした温泉付きのスイートは100平米を超える広さ

ゆったりとした山の中の空間に、洗練されたおしゃれな雰囲気でのんびり時間をすごして、温泉と食事を楽しむ。そんな贅沢な時間が過ごせそうなホテルです。

週刊ダイヤモンド CA推薦の行ってみたいリゾートホテルでも1位で紹介された

富山市郊外、リバーリトリート雅楽 雑誌で紹介
富山市郊外、リバーリトリート雅楽 雑誌で紹介
富山市郊外、リバーリトリート雅楽 雑誌で紹介
富山市郊外、リバーリトリート雅楽 雑誌で紹介
富山市郊外、リバーリトリート雅楽 雑誌で紹介

先日の週刊ダイヤモンド(2016/10/15号 ニッポンのリゾート)でも紹介されました。(参考:特集「百花繚乱 ニッポンのリゾート」│2016年10月15日号 | 週刊ダイヤモンド

  • 総合満足度順位:2位
  • CAが選ぶゴージャスリゾートに行ってみたい:1位
  • とにかく食事が美味しい:10位

冬の景色が特に素晴らしいとのこと。また、行ってみたいホテルが一つ。

富山駅周辺ホテル

富山駅周辺ホテル一覧と、空室がどこもない時にホテルを探す方法。さらに、知っておくと便利な情報についてまとめています。 富山市内のホテルがどこも満室で予約できない時は 富山駅近くのホテルに宿泊するなら知っておくと便利な情報…