• 通常 | 子連 | 詳細
  • あなたの現在地近くのホテル
  •  
10月23日(今日)から(大人一人)
    23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
4 5          

三重県伊勢市、月夜見の座(つきよみのざ)さんが旅サラダで紹介されました。モト冬樹さんの旅にて

お伊勢参りをされて、伊勢うどんや冷やし甘酒を楽しんでからの宿。伊勢神宮や伊勢市中心地から、ちょっと山あいに入ったところにたたずむ宿なんですね。

千の杜別邸 月夜見の座
月の満ち欠けをモチーフにそれぞれ趣の異なるお部屋。全室温泉露天風呂付。
施設情報と各予約サイト
JTB るるぶ 一休 ヤフー じゃらん  楽天
住所:三重県伊勢市佐八町池の上1165-1 地図 周辺:近くの飲食店
アクセス:近鉄宇治山田駅までの送迎あり。予約制(13:30~19:00まで) 駐車場:有り(無料)
最安料金:¥48600円から
チェックイン:14:00  チェックアウト:11:00 
最新口コミ: →楽天トラベル口コミ 


三重県エリアホテル検索ページ

静かにお庭と自然を楽しみながら、伊勢湾の海の幸をいただく

朝だ!生です旅サラダ|朝日放送(三重 ゲスト:モト冬樹 2017.06.03 O.A.)

  • 新緑かおる森の道を抜けると現れる、黒い木造りの真新しい宿。2枚の黒い扉が高級感を演出している。
  • 伊勢神宮の別宮、月夜見の宮から名前をつけた宿。
  • 2016年オープンの新しい宿、ロビーは落ち着いた木の造りから窓の外には緑が見える作り。客室は6室のみで、その全てが離れ。
  • モト冬樹さんがご宿泊されたのは、「居待月(いまちづき)」の部屋。(スタンダードプラン 1泊2食付き ¥64,950円 1室2名利用時1名料金)玄関を入ると、リビングの間、格子戸の向こうにはベッドルーム。大きなガラスの引き戸の向こうは、日本庭が見える作り。広々とした客室は静けさに包まれた大人な空間。
  • 全室庭に面した露天風呂がある。お肌がつるつるになる。地元の榊原温泉からお湯を運んでいるとのこと。新緑がまぶしいこの時期は気持ちがよさそうでした。
  • 夕食は伊勢湾で獲れた海の幸が並ぶ。前菜盛り合わせ、お造り5種(姫サザエ、桜鯛、イカ、伊勢マグロ、サワラ)、吸い物は鱧(はも)の椀、松阪牛しゃぶしゃぶ 豆乳仕立て、伊賀米コシヒカリ、煮もの 伊勢海老の黄身煮。贅沢で美味しい。

素晴らしいお部屋、送迎バスあり、食事有無のプランでさまざまな楽しみ方ができそう

宇治山田駅から送迎バスが出ているようで、レンタカーなどで行く必要はなさそうです。
番組で紹介された居待月の部屋以外は、新月、黄昏月、望月、既望、晦と月の形を表す言葉になってるんですね。どれも落ち着いた部屋の造りは同じ。お風呂の形が違うところと、ベッドがツイン、ダブルと2タイプあるようなのでプラン内容を気を付けるといいでしょう。1泊朝食のみ、素泊まりプランもあるようなので、予算に合わせて滞在を楽しむこともできそう。

ブックマーク、もしくはツイートやいいねをお願いします

旅サラダはじめ、管理人が見ていいな!と思った宿については、月夜見の座さんのように記事を書いています。また、マークした宿に実際に泊まった時は感想記を書いていますのでご参考になればうれしいです。(管理人の宿泊体験記

ちょっと下に、ツイッター、フェイスブック用ボタンもありますので、よろしければマークをお願いします。また、以下、三重県エリアのホテル検索ページを用意しています。今度、出張や旅行先になりそうという駅やエリアが、ブックマークをお願いします。検索をかければ順にホテルが見つかるように構成を工夫しています。

三重県エリアのホテル検索ページ

三重県(県大エリア)津駅津・久居・美杉・松阪(大エリア)江戸橋駅津新町駅久居駅一身田駅榊原温泉平田町駅千代崎駅白子駅亀山駅近鉄四日市駅桑名・長島・四日市・湯の山・鈴鹿(大エリア)四日市駅南四日市駅川原町駅塩浜駅桑名駅伊勢朝日駅湯の山温泉ナガシマスパーランド伊賀・上野・名張(大エリア)青山町駅名張駅松阪駅相可駅伊勢市駅伊勢・二見(大エリア)奥伊勢(大エリア)山田上口駅五十鈴ヶ丘駅二見浦駅鳥羽(大エリア)南鳥羽(大エリア)鳥羽の温泉鳥羽駅志摩(大エリア)賢島駅志摩の温泉志摩(志摩・大王)志摩(浜島・阿児・磯部)志摩磯部駅志摩横山駅鵜方駅志摩神明駅南勢熊野市駅東紀州(大エリア)大泊駅神志山駅尾鷲駅三野瀬駅賀田駅

伊勢市駅周辺ホテル

伊勢市駅周辺ホテル一覧と、エリアのホテルを予約するなら知っておくと便利な情報。さらに、伊勢市内でホテルがどこも取れない場合にホテルを探す方法についてまとめています。 お伊勢参りで訪問される方が多い人気のエリアなんですね。・・・

感謝:見出しの写真はflickrより引用しました。Kentaro Ohnoさん、素敵な写真をありがとうございます。

  • facebook投稿
  • twitter投稿

広告


広告

コメントを残す

このページの先頭へ