黒川温泉のふもと旅館さんが、テレビで紹介されました。15個も風呂があって、宿の中で十分湯めぐりができる。馬刺しはもちろん、名物のミニ鍬(くわ)を使って焼いた、肥後牛もとろけるように美味しそう! わがまま気まま旅気分、川合俊一さんの旅にて

黒川温泉 ふもと旅館
黒川温泉の中央に位置し、館内には13種15のお風呂有り♪夕食は和牛の鉄板焼など和洋折衷料理を!
施設情報と各予約サイト
るるぶ ヤフー じゃらん  楽天
住所:熊本県阿蘇郡南小国町黒川温泉川端通り 地図 周辺:近くの飲食店
アクセス:JR 阿蘇駅より九州横断観光バスで別府方面へ約60分、「黒川温泉」下車、徒歩約15分 駐車場:有り 15台 無料 予約不要
最安料金:¥14580円から
チェックイン:15:00  チェックアウト:10:00 
最新口コミ: →楽天トラベル口コミ 


黒川温泉・熊本小国エリアを含むホテル検索ページ

15個もあるお風呂で湯めぐり、肥後牛に舌鼓を打つ

川合俊一と行く 秋の九州くまもと よかとこ巡り(わがまま!気まま!旅気分! 10月21日(土))

  • 14種類15の風呂がある宿。ここだけで湯めぐりができる。
  • 有名な温泉手形で入れる風呂だけではなく、宿泊者限定9つの貸切風呂もある。
  • 番組では貸切風呂の立ち湯が紹介された。奥側の深さは130から150センチ。丸太が渡してあって、それにつかまるほど深い。
  • 1泊2食付き ¥16.350円から。お食事は女将自ら食材を吟味。地産地消にこだわっている。
  • 栗の渋皮煮は女将が自ら5時間かけて炊いた栗。「これ東京で食べたら1個800円だな」(川合俊一さん談)
  • 馬刺しが美味しい! 肥後牛の鍬(くわ)焼きも名物。鍬で焼くのはふもと旅館のオリジナルとのこと。
  • 熊本で地震があった時も、川沿いの旅館は次の日から営業可能だったそうですが、やはりお客様が戻ってくるまでは一月ぐらいかかったとのこと。

山あいの静かで風情のある雰囲気の中、15種類のお風呂を楽しめるのがいいですね。

わがまま気まま旅気分では、立ち湯が紹介されました。川合俊一さんの胸のあたりぐらいまで。女性レポーターさんはつま先立ちでやっと顔が出るほど。管理人は川のせせらぎを聞きながらの竹林のお風呂に入ってみたいです。貸切露天風呂も数が多いのでご家族連れでも安心です。

1万5千円前後から比較的リーズナブルに黒川温泉を楽しめる宿

黒川温泉は高いというイメージがありましたが、管理人が2018年2月から3月の宿泊プランを確認したところでは、1万5千円からで、料理のグレードを上げると少しだけ値段が上がるという感じですね。

土日は全く予約が取れない状況、平日だと少し空きがあるという感じでした。春、秋がやはりベストシーズンでしょうね。冬は川沿いに明かりを照らすイベントがあって、これもまた風情があって楽しめそうです。

黒川温泉 2019年08月30日(金) 大人二人 格安順
1泊1室 1万2千円から4万円までで楽しめる宿。宿泊日や人数はもちろん、他の条件も変更することができます。

黒川温泉・熊本小国エリアを含むホテル検索ページ

黒川温泉●黒川・杖立・わいた(大エリア)小国温泉・杖立温泉南小国温泉