空室状況および影響しそうな情報

  • なし

注目ホテル情報(テレビ他メディアで紹介された)

  • ホテルオークラ東京Newsモーニングサテライト(2019/12/10放送分)リーダーの栞にて、ヘリテージ棟の客室、さらに1泊300万円のインペリアルスイートが紹介された。ヘリテージ棟のお客様は、受付が部屋までついてきてくれて部屋のデスクでチェックインできる。館内および室内は、日本らしさを前面に出す和のイメージで統一されている。窓が縦にも横にも広く間口が8メートルある。(従来の2倍)縁側のイメージで窓際に腰かけられる。32平米から60平米に広さを広げている。一泊10万円から。スタッフは、コンシェルジュも兼ねる。歌舞伎、相撲チケットを取ったり、マグロを一匹買いたいという要望に応えたこともあるとのこと。 ロビーは従来の和の雰囲気を残したもの。 インペリアルスイートは730平米。音楽家が練習できる防音施設や2階でパーティできるようにもしている。国賓級の来賓にも対応できる。
    一休コンシェルジュで、紹介されています。
  • 三井ガーデンホテル六本木プレミア:2020年1月24日(金)オープン、六本木駅から徒歩5分、トレーニング施設もある。20平米以上のゆったり感と高級感あり
    [WBS]ワールドビジネスサテライト(2020/1/15放送分)で紹介。町の喧騒や華やぎから一線を画す 非日常的なくつろげる空間。ロビーの天井は高く、芸術性の高いオブジェなども配置されている。番組ではスタンダードタイプの部屋が紹介。窓が大きくて都心の眺望を一望できる。窓の反対の引き戸に大きな鏡を配置して、夜景に包まれながらベッドで休める演出もある。ジュニアスイートキングの部屋ではさらに広い夜景の演出も。インバウンドの長期滞在も意識しているとのこと。
  • ザ・リッツ・カールトン東京一休コンシェルジュにて、ホテルスタッフに聞いた!一度は食べて欲しい“ルームサービス” 外資系ホテル編 A5ランクの黒毛和牛を使用し、肉本来のうまみ味わう が紹介されています
    一休コンシェルジュ2020年、桜の名所に近い東京都内のシティホテル ミッドタウン・ガーデン:ラグジュアリーな非日常空間でのひととき と紹介されています
  • 一休コンシェルジュ2020年、桜の名所に近い東京都内のシティホテル 六本木ヒルズ/毛利庭園:スタイリッシュかつコンテンポラリーな非日常感 と紹介されています
  • ザライブリー東京麻布十番一休コンシェルジュ一度は泊まりたい東京の個性派デザイナーズホテル6選 感度の高い大人向けのセンスあふれるホテル と紹介されています
  • ナインアワーズ半蔵門:2020年7月1日(水)オープン。シャワーは1時間700円で皇居ランナーも使えるとのこと。有楽町線 麴町駅、半蔵門線 半蔵門駅の近く
  • フレイザースイート赤坂東京:2020年8月7日(金)オープン、全室が家具備え付きのサービスアパートメント。ゴルフシュミレーターが無料で使える(要予約)。基本一室での料金設定。
  • グランドハイアット東京KAT-TUNの世界一タメになる旅!+(2020/8/7放送分)で、亀梨和也さん、上田竜也さん、中丸雄一さんが紹介。スイートルームは圧巻。マドンナも宿泊。リビングは広いし、キッチンもしっかり。テラスのプライベートプールと眺めが素晴らしかったです

エリアのホテル検索ページ

赤坂駅●六本木・麻布・赤坂・青山(大エリア)赤坂見附駅溜池山王駅六本木駅六本木一丁目駅麻布十番駅国会議事堂前駅永田町駅半蔵門駅