空室状況および影響しそうな情報

  • なし

注目ホテル情報(テレビ他メディアで紹介された)

  • 船原温泉船原館出没アド街ック天国(2019/12/14 伊豆天城編)で紹介。自家源泉の極上温泉が堪能できる宿。名物料理は囲炉裏でいただく”わさび鍋”。鴨肉、ごぼう、シイタケが入った滋味豊かな醤油ベースの鍋に、修善寺の湯葉、ミツバ、さらに大根おろしをたっぷり投入。そして、仕上げにおろし立てのわさびをたっぷり加える。
  • 源泉かけ流しの湯御宿さか屋出没アド街ック天国(2019/12/14 伊豆天城編)で紹介された。創業以来およそ500年の老舗宿。名物料理は、常連だった岡本太郎氏がプロデュースした”大名焼き”。お城を模した宿のオリジナルの鉄板でイノシシ肉を蒸し焼きにし、大名気分を味わう。食べる時には独特のマナーも。浴衣の上から「かみしも」を着け、オモチャのちょんまげを被る。この格好も岡本太郎プロデュース。天才の遊び心にお客さんもハマっている。子宝の湯といわれる名湯が堪能できる老舗宿。こちらのお風呂は常連だった岡本太郎氏のデザイン。湯船は女性のお尻をイメージしている。
  • UFUFUVILLAGE出没アド街ック天国(2019/12/14 伊豆天城編)で紹介された。天城のニュースポットとして話題のグランピング施設。テントとトレーラーハウスからなる。広々としたトレーラーハウスは最大6名まで宿泊が可能。一方テントには、この季節はこたつを設置。夕食はテントの隣の専用スペースでバーベキューが楽しめる。食材も豪華。ワサビの追加オーダーも可能。
  • arcana izu(アルカナ イズ)出没アド街ック天国(2019/12/14 伊豆天城編)で紹介された。オーベルジュ、源泉かけ流しのお風呂と清流を見下ろす景色が自慢。コースに合わせて器も自作。目にも舌にも楽しませてくれる、目にも鮮やかな料理は美味しそう。
  • 東府やResort&Spa-Izu出没アド街ック天国(2019/12/14 伊豆天城編)で紹介された。創業以来400年を超える宿。和のリゾートをテーマにリニューアル。川沿いに設えたお風呂からは、四季折々の美しい景色が楽しめる。また、敷地内に、宿泊者でなくても利用できるベーカリーカフェを併設。足湯も楽しめるカウンターもあり、ぬくぬくしながらパンやスイーツが味わえる。
  • 湯回廊菊屋「週末トラベル」TBSテレビ:王様のブランチ(2018/12/01放送分 小泉遥さん、齋藤明里さんの紅葉の修善寺を巡る旅)で紹介された。
    回廊は川の上を渡る。茶香炉でのおもてなし。リビングは和室だが、寝室にはベッドがあって和モダンを楽しめる。 お風呂は紅葉を眺めながらの露天風呂、半露天風呂。季節によって風情を変える。 ご当地牛乳を湯上りに楽しめる。
    夕食は、いちご梅酒から、先附、前菜、お椀、お造りl その後のメニューは数種類から選べるのがうれしい。ビーフシチューが美味しそう。
  • 天城湯ヶ島温泉白壁一休コンシェルジュ 伊豆に佇む源泉かけ流しの温泉と美食に出逢える古民家宿 と紹介されています
    出没アド街ック天国(2019/12/14 伊豆天城編)で紹介された。街を代表する老舗宿のひとつ。自慢のお風呂は、重さ53トンの巨石の中をくり抜いて作ったお風呂。日本一の巨石露天風呂ともいわれる。作詞家の吉岡 治氏と作曲家の弦 哲也氏らが実際に天城を訪れ、白壁荘の一室にこもり、曲作りに勤しんだ。地元の方にとっては心の歌。年々改装を重ね、2019年の春は6部屋をリニューアルした。ブラタモリ(2018年5月19日(土)#105 天城越え)でも紹介されました。
  • あさば(一休)、修善寺の老舗宿。Discover Japan | 日本の魅力、再発見 ディスカバー・ジャパン(2020年1月号)で、東の横綱と評価の高い宿
  • 谷川の湯あせび野一休コンシェルジュ貸切の露天風呂・半露天風呂で温泉三昧が叶う宿(東日本編) 湯浴みは川のせせらぎ、鳥のさえずりを聞きながらと紹介されています
  • おちあいろう(一休) 一休コンシェルジュ【滞在記】伊豆に佇む文化財の温泉宿がリニューアル!設えや美食に憩う贅沢ステイ と紹介されています
  • 修善寺温泉柳生の庄一休コンシェルジュ【取材】伊豆・修善寺、匠の技が魅了する数寄屋建築の名旅館 と紹介されています
    美の壷(NHK)(2018年11月12日放送分 宿の朝食特集)で朝食が美味しい宿として紹介された。朝、中居さんが鍋を部屋に運んでくれる。部屋の炉で味噌汁を仕上げる。ダシはカツオと昆布。味噌は地元の米味噌。豆腐、じゃがいも、インゲンを入れ、煮立つ直前で器によそう。 料理を、五感で楽しんでいただきたい(料理長談)
  • 三養荘プリンスホテルズ&リゾーツ一休コンシェルジュ有名建築家と文化財の建築美を愉しむ伊豆の温泉宿 と紹介されています
  • 修善寺温泉国の登録文化財の宿新井旅館帰れマンデー見っけ隊(2020/2/24放送分)で。フワちゃん、サンドウィッチマンの3人が、国の登録有形文化財 総ヒノキ造りの天平大浴堂にてお風呂を楽しまれていました。庭の鯉も鑑賞できるんですね。
    明治5年創業、川端康成、芥川龍之介、尾崎紅葉、高浜虚子、横山大観など文豪・芸術家に愛された宿。 ロビーからお部屋の渡り廊下は立派な庭を眺めながら行ける。 お部屋は和風タイプで広々した造り。 紅葉の時期はまた美しい。 旅ずきんちゃん(2017/12/10放送分 現在は終了)、紅葉巡りの旅in修善寺 で、友近さん、長澤茉里奈さん , 塚地武雅(ドランクドラゴン) , 小原正子(クワバタオハラ)さんに紹介された。露天風呂の様子が紹介された。
  • 雲風々-ufufu-一休コンシェルジュ1日10室以下の隠れ温泉宿 伊豆・伊東編 中伊豆の自然を望む全長15mのカウンターで口福のひととき と紹介されています
  • 湯ヶ島温泉落合楼村上美しい日本に出会う旅(2019/3/20放送分) 春めぐり 徳島・伊豆半島 元祖ビッグひな祭りと春味絶品づくし 井上芳雄さん語り で紹介された。 川端康成、北原白秋などの文豪が愛した宿。 古きよき和の造り、窓は昔ガラス 建物の9割が国指定有形文化財。 紫檀の間は宴会場は銘木を使った贅沢な造り。 お風呂は溶岩を積み重ねて作り上げた岩風呂の露天風呂。中は洞窟になっている。 夕食は春香る美しい懐石料理。 キンメダイをを桜塩でいただく、土鍋のご飯は玉子かけごはんに天然わさびをのせていただく。初代は金山で莫大な富を得てこの宿を作ったとのこと。
    一休コンシェルジュ【2020年版】“こころに贅沢”が叶う一休Plus+の最新宿 東日本編 歴史を重ねた建築美とモダニズムが融合した文化財の温泉宿 と紹介されています
  • 雲風々-ufufu-一休コンシェルジュ伊豆の清流に抱かれる全室露天風呂付離れの温泉リゾート と紹介されています

エリアのホテル検索ページ

伊豆長岡温泉●中伊豆(大エリア)修善寺温泉天城湯ヶ島温泉