空室状況および影響しそうな情報

注目ホテル情報(テレビ他メディアで紹介された)

  • 銀山平温泉奥只見山荘美しい日本に出会う旅(2019年12月4日放送分)瀬戸康史さん語り。北国の紅葉 絶景スペシャル 錦秋の鳴子峡と魚沼の絶品鮭いくら飯で紹介。眺めの良い和風造りの部屋。窓からは紅葉の山々が美しい。人気のお風呂は大浴場の外の露天風呂森がすぐそば。冬が始まると雪のため宿は休業。紅葉の時期は最高とのこと。森の中は山の恵み。なめこのけんちん汁、ヤマブドウはもち豚ロースのソースに。ロースハム盛り合わせ。 和食とイタリアンの融合料理は美味しそう。
  • ryugon(龍言)一休コンシェルジュ露天風呂付客室がある宿6選 新潟編 白川の流れを望む、築280年の古民家で四季を通じて“雪国”を感じる と紹介されています
    一休コンシェルジュで紹介。古民家とモダンデザインが同居した宿。露天風呂も料理も楽しみな宿
  • 松之山温泉ひなの宿ちとせ:雪景色がいい。新 鉄道・絶景の旅(2020/3/6放送分)林家たい平さん語りで紹介。ロビーは畳敷きの廊下にロビー。部屋は和室タイプ。縁側にはコタツが。掘りコタツ。お湯は体の芯から温まるし、湯冷めしにくい。大浴場温泉は風情豊か。月見の湯は最高。夕食は山里のもてなし料理、お造りは甘えび、ホタテ貝など。美幸マスは塩味で、鯉こく、シイタケ揚げ真丈、湯治豚は温泉熱で調理、棚田鍋はご当地鍋。山里のもてなし料理。
    美の壷(NHK)(2018年11月12日放送分 宿の朝食特集)で朝食が美味しい宿として紹介された。朝ご飯をより美味しく食べるためのおかずに、こだわっている。地元の食材を使った煮物やそぼろ。季節毎に食べられてきた郷土の味。 これらを出すようになってから、ご飯をお代わりする客が増えた。春に出すのは、コゴミやフキノトウの山菜と味噌を和えたもの。食べる直前に、客の目の前で香ばしく焼き上げる。 炊きたてのご飯にぴったり。暑い季節には、夏野菜を細かく刻んで、大根の味噌漬けと合わせる。 地元の農家の間で長年親しまれてきたもの。

エリアのホテル検索ページ

●南魚沼・十日町・津南(六日町)(大エリア)小出駅浦佐駅松之山温泉六日町駅六日町温泉石打駅大沢駅上越国際スキー場前駅塩沢駅五日町駅大湯温泉