空室状況および影響しそうな情報

  • なし

注目ホテル情報(テレビ他メディアで紹介された)

  • suki1038高台寺一休コンシェルジュにて、京都の小路で上質な宿泊体験が叶う、一日一組限定の数寄リゾートとして紹介されています。
  • 葵哲学の道一休コンシェルジュにて、京都・哲学の道のそばで日本庭園を望むラグジュアリーな一軒宿として紹介されています。
    いい旅・夢気分~4K映像でめぐる感動の大絶景スペシャル(2020年1月1日(水)放送分)#中尾彬 さん、 #池波志乃 さんの京都旅にて「看月亭」宿泊。哲学の道に佇む一棟貸しの宿。立派な門構えを入ると、京都のお宅に訪れた雰囲気。畳敷きに低めのベッド。天井は網代編みと高級感あり。茶室もある。リビングにはテーブルも。お庭も立派。窓も大きくて贅沢な空間。 食事は街に食べに行かれたようです。(和ごころ 泉さんで)
  • アマン京都一休コンシェルジュにて、【取材】京都・洛北の森にひっそりと佇むプライベートリゾート「アマン京都」と紹介されています
  • 京都悠洛ホテルMギャラリー一休コンシェルジュにて、京都で泊まりたい開業1年以内の話題のホテル7選 京都の“物語”を感じる日本初上陸のブティックホテル として紹介されています。
  • ウェスティン都ホテル京都一休コンシェルジュ 【取材】京都の老舗ラグジュアリーホテル「ウェスティン都ホテル」リニューアル速報!と紹介されています
  • 式音庵一休コンシェルジュ新感覚の京都を楽しむ個性派バケーションレンタル6選 白川の流れを望む、美術館さながらのモダン空間 と紹介されています
  • 山ばな平八茶屋至福の京都ふらり散歩(2019/2/25放送分 一泊二日 修学院・上賀茂篇)で紹介された。 北大路魯山人や夏目漱石も愛した宿。 創業は安土桃山時代。創業時は街道茶屋だった。昔からの名物は麦飯とろろ汁。丹波さんのつくね芋に秘伝のダシと白味噌で味と風味が整えられている。 ぐじ(甘鯛)を扱った若狭懐石も名物。 刺身、蕪蒸し、焼き物など。冬が特に美味しい季節とのこと。 お部屋は純和風の造り。庭に溶け込むような雰囲気が贅沢。
  • 晴鴨樓美しい日本に出会う旅(2020/3/26再放送分)瀬戸康史さん語り 五条大橋の近くで京都らしい佇まい。28号室が紹介。襖絵に雪見障子、月明かりの枝垂れ桜の掛け軸。窓辺からは庭の緑が。椿の花がきれい。ロビーは洋風でモダン。明治時代のご主人がリフォーム。天井のステンドグラスはヨーロッパから持ち帰った。ハイカラ好きの方だったそうです。お風呂にもこだわり高野槇で作られた湯舟大正レトロな造りも素敵。夕食は春先取りの京懐石、どれもきれいで美味しそう。
    王様のブランチ(2020/2/29放送分)熊井友理奈さん、齋藤明里さんの京都旅で紹介。京都の高級老舗宿、100年以上前の建物は大事にされていてレトロモダンな雰囲気。紹介されたのは23号室。和の造りが落ち着く部屋。高野槇を使ったお風呂もいい。京懐石は美しくておいしい。ハマグリ真丈の椀物、アイナメの焼き物などどれも美味しそう。さらに宿泊者限定の十二単体験もできる。
  • 四季育む宿然林房至福の京都ふらり散歩 一泊二日 鷹峯 竜安寺編 2019/4/29放送分で紹介。鷹峯は季節によって刻々と変わる様子を楽しめる。料理は京都らしさを気軽に味わって欲しいと趣向が凝らしてある。部屋は和室の趣きある部屋の様子が紹介された。
  • 吉田山荘(一休)JTBるるぶヤフー 至福の京都ふらり散歩(2019/5/13放送分 一泊二日吉田山篇)で紹介された。あまり知られていないとっておきの宿。相当上質などこかの家のようなほっとする造り。元東伏見宮家別邸として昭和7年に建てられた。モダンなベランダからの景色もいい。食事は京懐石。白子の鍋も美味しそう。

エリアのホテル検索ページ

●祇園・東山・北白川周辺(大エリア)祇園・東山東山駅蹴上駅国際会館駅北大路駅